• オススメ

  • タグ

  • アーカイブ

  • K-POPアイドル『Red Velvet』のMVに日本を侮辱する表記が見つかりネット上で炎上 その真意は?

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Share


    韓国のK-POPアイドルRed Velvetが7月31日に公開した楽曲『Happiness』のMVがYouTubeに投稿されいろんな意味で反響を呼んでいる。それはMV映像の中に日本やその他の国を侮辱する表記や映像が見られるのだ。
    確認出来るだけでも次のような表記が確認出来た。

    ・JAPS
    ・NIPS
    ・HIROHITO
    ・ATOMIC BOMB
    ・HIROSHIMA

    またこれらの表記だけでなく9.11テロ事件もMVに見られる。Red Velvetは少女時代と同じ事務所で7月31日にデビューしたばかり。今後日本やアメリカでの活動も視野に入れてただろうに、このMVのせいで雲行きが怪しくなってきそうだ。

    このMVの真意は?

    なぜデビュー曲のMVにこのような表記を入れたのか? その真意は実に単純である。反日でも侮辱でもなく、曲のタイトル通り「ハッピネス」が表している。つまり第二次世界大戦や9.11テロ事件があっても幸せになれるという意味合いがこめられている。その真意を調べない人が随契反射的に「反日だ」「広島、長崎の原爆投下日に会わせてこういうPVを制作」と反応しているようだ。
    MVに出てきた新聞が過去に実際に発行された新聞かは定かではないが、作り物かそうでないかによりまた炎上しそうである。ちなみに下記の新聞記事は実際にアメリカで発行された新聞である。見出しには「JAPS」と書かれているのがわかる。

    問題のMVは『YouTube』で確認することが出来る。

    ・日本に関する新聞映像:35秒頃
    ・9.11:2分25秒頃

    Red Velvet『ハッピネス』(YouTube)
    http://youtu.be/z4I2Ai-nNOw


    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Share

    政治・経済・社会 の最新記事

  • ゴールドラッシュ
    ネット上の出来事をわかりやすくお届けするブログメディアです。

    twitterでフォローして
    最新のニュースをいち早くGET!!
  • 週間ランキング