• オススメ

  • タグ

  • アーカイブ

  • 『Windows 7』をネットで購入した人の悲痛の声 「これ本物?」「なぜ上海発送?」「怪しいフォント」

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Share


    大手ネット通販サイト某マーケットプレイスで『Windows 7』を買った某氏。その人自身のパソコンに『Windows 7(64bit)』を導入しようと新品を購入したようだが、届いたのは何故か中国から。

    「怪しいから見て欲しい」と預かったので今回記事にしてみることにした。買った通販サイトや業者は伏せておく。

    何故か上海からの発送

    さて早速受け取った『Windows 7』を見てみるとまずダンボールが怪しい。何故か中国の上海からの発送となっている。そのマーケットプレイスの業者は日本人だったという。何故中国から出荷に?
    疑問に思いダンボールを開け『Windows 7』を取り出してみる。何の変哲も無い『Windows 7』である。ただ単に中国の業者が発送しただけではないだろうか。しかしここから先がとんだ災難だった……。

    よく見てみると

    よく見てみるとWindowsパッケージの印刷がおかしいことがわかる。日本語がガタガタになっており、製品版とは思え無いクオリティ。またプロダクトキーのシールも本来はキラキラのホログラムのはずなのに、ただのシールとなっている。
    マニュアルに至っては劣化カラーコピーされた印刷物。所々白紙ページがあり手抜き具合も素晴らしい。


    偽物と確信

    確信した。これは偽物と言う奴である。今まで生きてきて、偽物のWindowsというのを初めて見たが、こういうクオリティなのか。中国では当たり前のように売られているだろうが、日本人の目はごまかせない。ましてやまともにインストール出来るかすら怪しい代物。

    やっぱりOSはマーケットプレイスやオークションなど個人から購入するのではなく、ちゃんとした業者から購入した方が良さそうである。
    もしかして中国版正規Windowsはこのクオリティなのかも……と思ったがよく考えたらこれは日本語版である。やはりコピー製品の可能性が濃厚だ。
    ちなみにディスクはDVD-Rで製造された物では無くプレスされた物である。

    そこまで模造して売りたいかねえ……。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Share

    デジタル・IT の最新記事

  • ゴールドラッシュ
    ネット上の出来事をわかりやすくお届けするブログメディアです。

    twitterでフォローして
    最新のニュースをいち早くGET!!
  • 週間ランキング