• オススメ

  • タグ

  • アーカイブ

  • 宝くじの1等が当選する確率は? 1500万円分(約50000枚)の宝くじを購入してみたった!

    2012.12.05 20:18:57 by 横山緑 category : エンタメ Tags :
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Share


    今年の年末ジャンボ宝くじは1等前後賞合わせてなんと6億円という史上最大の金額で話題になっている。ちなみに1等は68本、前後賞の一億円が136本なのだそうだ。
    一見見た感じでは「毎年200名以上が億万長者!」とまさにドリームジャンボの名に相応しい夢を見れるのだが、実際その当選確率は何%ぐらいなのであろうか?

    調べていく内に砂漠の砂の中で金粉を探し当てるほど、1等の当選確率が低いということが判明した。
    これが以下のデーターである。

    データーによれば1等の当選確率が驚愕の1000万分の1である。これは交通事故で死ぬ確率が1万分の1なので1人の人間が交通事故で100回死ぬと同じ確率なのである。
    カジノと比較するとカジノで億万長者になる確率が60万分の1なのだそうだ。カジノよりも億万長者になる確率はずっと低いのである。

    さらには7等の10分の1も元返しの300円。1万分の1でようやく当たった!と喜んでいる当選金額10万円分もよくよく考えると1万分の1である。これでは割りに合わないのではないだろうか。

    高額当選したという宝くじ売り場もここで買えば当たりやすいなどという心理を逆手に取ったことで、結局はどこの店でクジを購入しようが平等なのである。
    単に大勢の人間が宝くじを購入すればその分当選確率があがるだけなので、どこで買おうが行列をなして並んでまで買おうが全く当選確率は一緒だというのが答えである。
    しかしながら買わなきゃ当たらないというのも事実であるし、実際に当選したラッキーボーイも存在することは忘れてはならない。
    だが、その大金を手に入れる為には1枚300円のリスクを支払い1000万分の1を目指してどれだけの可能性でドリームチャンスをゲットできるのだろうか?

    そこで『web宝くじシュミレーション』というのがあったのでこれで実践してみた。(2011年度ヴァージョン)

    http://homepage2.nifty.com/kaz/takarakuji/sim-nenmatsu.htmlより

    10万円購入したシュミレーション

    150万円万円購入したシュミレーション

    500万円購入したシュミレーション

    1000万円購入したシュミレーション

    1000万円を購入しようがそれでも4等の50万円には手が届かなかった。1300万円購入したころを過ぎたころにようやく、4等の50万円が当選した。

    そして1500万円分(5万枚)の宝くじを購入した結果…

    実験結果

    購入金額1500万円

    購入枚数 5万枚

    当選枚数 5574枚

    7等 300円 5000枚当選 1,500,000円

    6等 3000円 529枚当選 1,587,000円

    5等 1万円 44枚当選   440,000円

    4等 50万円 1枚当選 500,000円

    3等 以上無し

    購入金額1500万円 当選金額 4,027,000円 収支(合計)-10,973,000

    マイナス1000万円以上の大赤字となってしまった。
    このようなシュミレーションからでも1000万分の1の可能性を信じて宝くじで夢を掴むかどうかは購入する貴方次第である。

    http://www.jabezadvisory.com/takarakuji/より画像引用

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Share

    横山緑

    日本記者クラブ執筆大会4位の横山フリーランスだ。日本のマスコミが書かない記事や裏情報などを中心に書いていくぞ。仕事よこせ!

    エンタメ の最新記事

  • ゴールドラッシュ
    ネット上の出来事をわかりやすくお届けするブログメディアです。

    twitterでフォローして
    最新のニュースをいち早くGET!!
  • 週間ランキング