• オススメ

  • タグ

  • アーカイブ

  • 「長崎ちゃんぽん」が韓国で商標登録申請される 韓国の特許庁がずさんだと分かる例をピックアップ

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Share


    「長崎ちゃんぽん」なる商標が韓国の特許庁に申請されていることが判明。このことを知った長崎県は韓国側に登録を受理しないように働きかけている。「長崎ちゃんぽん」とは皆もご存じの通り長崎の郷土料理の内の1つである。

    ちゃんぽんそのものは数多くあり、沖縄ちゃんぽん、韓国ちゃんぽん、あんかけちゃんぽんなどが存在する。
    しかし今回、韓国側が申請しようとしたのは、長崎名物のちゃんぽんを指している。

    この商標が韓国に申請され受理されてしまったらどのような使われ方がされるのか目に見えている。

    証票申請だけでなく、ユネスコ申請で他国と揉めている韓国。中国の行事である「端午の節句」を韓国がユネスコに申請し、選定されてしまったのは有名な話である。今回はたまたま受理前に気づいたから良かったものの、受理後であったら後の祭りになっていたのではないだろうか。

    韓国の特許庁はずさん

    また、商標に関する話では、過去に「ガンダム」で揉めたことがある。韓国内でガンダムの海賊版が横行しその著作権侵害に対抗するために、サンライズが韓国にて「ガンダム」を商標登録しようとしたら、省庁から拒否されてしまったのだ。
    省庁の言い分は「『ガンダム』はロボットの様な一般名詞だ」と言い放った。

    別の例では名古屋の味噌カツ屋『矢場とん』の話だ。韓国に日本の『矢場とん』を真似たクローン店舗が勝手に出店されていたのだ。
    店名も『矢場とん(yabaton)』で更にご丁寧に「Since1947」と表記。
    それだけでなく、ロゴやキャラクターも韓国の特許庁が認めてしまったものだと言うのだ。これらのことからどれだけ韓国の特許庁がずさんか分かるだろう。

    以上のことから今回の「長崎ちゃんぽん」も一悶着ありそうだ。
    もしかしてトンカツ屋『矢場とん』の時のように、『リンガーハット』のクローン支店を勝手に出そうとしたとか?

    長崎ちゃんぽん商標 韓国で登録出頭に県 対抗措置へ

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Share

    アジア の最新記事

  • ゴールドラッシュ
    ネット上の出来事をわかりやすくお届けするブログメディアです。

    twitterでフォローして
    最新のニュースをいち早くGET!!
  • 週間ランキング