• オススメ

  • タグ

  • アーカイブ

  • 河本準一が過去に100万円以下の年収と言うのは嘘? 本人の発言より嘘がバレる

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Share


    母親の生活保護問題で渦中にいる河本準一氏が5月25日の午前11時から会見を行った。会見冒頭の本人からの説明によると、「生活保護については事実で、自分の収入がない時期のもの」としており、具体的な時期については河本準一氏の収入が100万円を切っていた時期のものだという。「親の面倒をみれないか」という要請に対して少ない収入のために断ったという。

    そんな過去に年収100万円を下回ってした河本準一氏。しかしこれが嘘かもしれないのだ。河本準一氏はテレビ番組にて、自世帯の収入に関連するコメントをしている。

    それによると、河本準一氏の吉本興業での収入はからっきしだったことは事実のようだ。しかし新宿の風俗案内所でアルバイトをしていたほか、妻は銀座のクラブで働いており月収40万円だったという。これら全て河本準一氏による発言。
    この頃の河本準一氏は吉本興業からのギャラだけで4万円、それとは別に風俗案内所でアルバイトに務め、妻は月収40万円。風俗案内所がいくらかわからないが、仮に5万円だと計算しても50万円近い世帯収入になるはずだ。妻の40万円はもちろん共有財産なので、母親の面倒を見るのに十分な世帯収入と言えるだろう。

    このテレビ番組での発言が盛った話なのか、それとも台本なのか……。仮に本当だとしたら、それこそ生活保護不正受給疑惑が浮上するのではないだろうか?

    <会見のコメント>
    ・売れてない時期は100万円以下の年収だったと発言

    <テレビ番組のコメント>
    ・吉本興業からのギャラは4万円
    ・妻は月40万円稼いでいた
    ・河本準一本人はアルバイトもしていた

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Share

    エンタメ の最新記事

  • ゴールドラッシュ
    ネット上の出来事をわかりやすくお届けするブログメディアです。

    twitterでフォローして
    最新のニュースをいち早くGET!!
  • 週間ランキング