• オススメ

  • タグ

  • アーカイブ

  • 日本の街中で見られる猫よけペットボトルは都市伝説? 効果の科学的根拠が無い

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Share


    20年くらい前にテレビで取り上げられ一気に広まりを見せた猫よけの技をご存じだろうか。ペットボトルの中に水を入れて庭に入れて置くと、猫が太陽光の乱反射に驚き近寄らなくなるというもの。そういった噂が広まりに広まって、今では日本中の至る所に水の入ったペットボトルが置かれている。

    しかしこの水の入ったペットボトルは実際に効果があるのだろうか。実際に猫を飼っていた記者が、過去に水の入ったペットボトルにどう反応を示すのか試したところ、驚く結果が得られた。なんと猫よけのはずのペットボトルに驚くどころかすり寄っているのだ。もちろんそのときはご機嫌だったこともあるのだが、光の反射に驚かなかったら全く意味が無い。猫よけの意味は、猫がおしっこや糞をするのを防ぐために仕掛けてあるのだが、都市伝説だったようだ。

    では何故このような噂が広まったのだろうか。
    先ほど書いたように、誰かが猫よけの効果があると思い使っていた物をテレビが総じて取り上げ、それが切っ掛けで日本中で広まったのだ。未だにこの都市伝説は消えること無く生きている。効果の方はもちろん無い。それどころか、街の景観を損ねる、火事になる、虫が湧く、などのデメリットの方が多いようだ。

    等間隔に並べている家やペットボトルをびっしりと並べている家があるが、どちらにしても猫からしてみたらただの障害物でしかない。そろそろ取り上げたマスコミは声を大にして「効果無いよ」と言うべきではないだろうか。

    もはやここまで来るとオカルトチックな物も混在している。鳥に対するカカシは効果があるが、猫に対しては忌避剤などの臭いで対策するしかないだろう。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Share

    エンタメ の最新記事

  • ゴールドラッシュ
    ネット上の出来事をわかりやすくお届けするブログメディアです。

    twitterでフォローして
    最新のニュースをいち早くGET!!
  • 週間ランキング